子育てに最適な区をランキング形式で比較・評価をしました。評価の内容は行政サービスの充実、住環境の良さ、教育機関・保育所等の整備状況、子育て支援、待機児童問題等を対象に総合的に判断しています。

1位 千代田区

千代田区は天皇陛下が住居とする皇居を有し、東京駅を玄関口として構える23区の中でも最も中心となる区です。また、皇居の周辺は緑が多い環境として住みやすく、安全対策もしっかりとされているので安心して子育てに専念する事が出来ます。

また、千代田区は2016年度に子育てに予算を割いてる全国の自治体の中で、人口一人当たり最も高い金額を掛けていた報告があります。これは、子育て支援を千代田区がとても重要視している結果となっています。

それでは、千代田区がなぜ子育てに一番最適な区にランクインされているのか、その都市力としての千代田区を以下に見ていきましょう。

No.1 質の高い教育機関の充実

子供の人数に対して、小・中・高等学校が多く、少人数学級のきめ細やかな指導が可能となります。その結果、公立学校の質に関して非常に高い評価を得ています。

また、地域には区立千代田図書館や日比谷図書文化館等の公共図書館もあり、関連教育機関も充実していますので、生涯学習とした観点からも教育機関が揃っていると言っても過言ではないでしょう。

No.1 病院関連が整っている

病院関連では、様々な指標があります。その中でも1万人当たりの一般病床数、医師数は共に行政の中では一番多い数値を確保しています。小児科医師数も8位に位置していますので、万が一の時にも近くに駆けつけられる病院があるのは安心感がありますね。

No.1 待機児童ゼロの達成

過去10年間で7年も待機児童数ゼロを達成しています。

No.1 高校生等医療費助成制度

高校生までの年齢に当たる子供の医療費の助成が受けられます。

No.1 誕生準備手当制度

出産前から1歳になるまでの家庭の親に対する助成制度です。¥45,000が支給されます。

2位 港区

No.1 不妊治療助成制度

1年間で最大30万円、通算で最大150万円まで助成されます。これは、所得制限がありません。

No.1 行政サービスの充実

妊婦のコミュニティバスの1年間無料乗車券を受ける事が出来ます。

No.1 出産費用の助成

子供の出産に係る経済的負担を軽減してくれます。(上限60万円まで)

3位 文京区

文化的な雰囲気を漂わせる文京区には、東京大学のある本郷を中心に著名な文豪を輩出しました。文京区ゆかりの文人として、夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鴎外らが優れた文学作品を世に送り出しています。

それは、明治時代以降に武家屋敷跡地に大学などの教育機関を設置して、文教の街として発展をしてきた経緯が関係しています。東京大学やその他の有名な大学が名を連ねる文京区が教育熱心な夫婦に人気のエリアになっています。

No.1 治安が優れている

治安が良く、犯罪発生率が最も低い区です。

No.1 教育関連が機能し学力が高い

No.1 こども宅食プロジェクト

食生活の費用捻出が難しい家庭の支援策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です