世の中には最高の住まいが約束される最高級マンションが様々に供給されています。居住性、安全性など年々品質の向上が求められているマンションは憧れの的です。

対象評価の最高級マンションを企業の歴史、規模、高級なイメージ、販売価格、コンセプト等を独自に評価して偏差値を算出しています。ここでは、より高い品質のマンションを指し、販売戸数は少ないものの資産価値の最も高い順にランキングを作成しました。

ただ、マンションは立地条件と実質的な建物、どの様な管理がされているかで同じブランド名を冠されたマンションでも価値がそれぞれ異なります。ブランドマンションの総合的な価値で重み付けをして偏差値としました。

0
偏差値

パークマンション

三井不動産レジデンシャル

ブランド価値
知名度の高さと立地、最上級の品質
伝統
1673年三井家創業(1914年不動産課を設立)
売上高
1兆8611億円(2019年実績)

財閥系の大手、三井不動産が提供する世界に誇れる最高級のマンションシリーズです。3つの条件を満たしたマンションだけが、その名を冠する事が出来ます。

その条件とは、素晴らしい立地、時代に先駆けた新しい提案、建物の品格です。立地に関しては地名がブランドとして認知されている場所であり、重厚で質感の良さを最大限に生かした外観の佇まい等、どれも最高級品に相応しい存在感を醸し出しています。

0
偏差値

グランドヒルズ

住友不動産

ブランド価値
希少性の高さと高級感
伝統
1949年設立
売上高
1兆200億円(2019年実績)

光景なる象徴を掲げ、住まいとしての価値だけでなく街の際立つ最上のシンボルとしての価値を創造するグランドヒルズ。その壮麗なデザインと洗練された品質は、時代を超えた空間を形成し、その芸術品と居住性が調和します。

0
偏差値

ザ・パークハウスグラン

三菱地所レジデンス

ブランド価値
丸の内ビル等の商業ビル等に強み
伝統
1937年設立
売上高
1兆3600億円(2019年実績)

最高水準のグレードを理想形とし、仕様や素材等のクオリティを妥協なく追及する究極の住まいを目指しています。

64 プラウド・・・野村不動産

 

62 ブリリア・・・東京建物

 

61 ブランズ・・・東急不動産

 

59 ジオ・・・阪急不動産

 

58 ライオンズ・・・大京

 

57 プレミスト・・・大和ハウス

 

54 クレヴィア・・・伊藤忠商事

 

52 グランスイート・・・丸紅

 

51 ウエリス・・・NTT都市開発

 

50 グランドメゾン・・・積水ハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です