VS

豪邸かタワーマンションか・・・。どちらも憧れの対象になる夢のような選択ですが、究極の住宅を選択する際、それぞれメリットとデメリットが存在します。人により解釈・価値観が様々に異なる為、どちらの方がより優れているか判断するのは難しいでしょう。

そこで、それぞれの良い部分に注目して、素晴らしいメリットを享受出来るポイントについて紹介します。

こだわりの豪邸一戸建てメリット5選

1.世界に一点の住める美術品

自由に好きな外観から内装までを決めることが出来るのが最大の特徴です。豪華な洋風の家にすることも、洗練された純和風の家にするのも選択の幅が広がります。画一的なマンションの部屋と比較して、個性豊かな家を作ることは最高の住まい造りであると言えるでしょう。

2.プライバシー保護の独立性

独立性という意味で立地条件と建物の形状にもよりますが、共同住宅よりもプライバシーは保ちやすい部分があることも事実です。マンションには多人数で共有するスペースが存在するので、ある一定程度のプライバシーは一戸建てに優位性があります。

3.植栽スペースも自由自在

一戸建てには趣向を凝らした庭を設けることができます。都心部であっても、中庭があればガーデニングを楽しむこともできるでしょう。

4.静穏な暮らしの生活環境

マンションには必ず接する部屋があり、騒音問題は悩ましいところです。一戸建てであれば、より静穏な暮らしを実現しやすい環境にあると言えるでしょう。隣家が比較的近い距離にあっても、遮音性の高い窓の採用や防音性のある扉を用いれば解決します。

5.専用オーディオルームも設置可能な地下利用

完全にこだわりの防音シアタールームやオーディオルームを作ることも可能なのが一戸建てのメリットの一つです。個人専用の映画館で有意義な時間を満喫するのも良いかもしれませんね。

時代の象徴タワーマンションのメリット5選

1.眺望が最高のタワーマンション

超高層階からの眺めは一戸建て住宅には到底考えられない、圧倒的な眺望を楽しむことが出来ます。この眺望は、一戸建てには真似出来ません。この眺望がタワーマンションの最大のメリットの一つと言うことに異論は無いでしょう。

2.ホテルライクなコンシェルジュサービス

こちらはタワーマンションだからという理由ではありませんが、コンシェルジュが対応してくれるマンションであれば快適な日常の利便性が上がります。また、防犯面でもオートロックと併用して安心感を与えてくれます。

3.強固なセキュリティの安全性

オートロックが何重にも設置された強固なセキュリティは安全性を高めてくれます。建物の敷地は当然ながら、関係者でなければ玄関扉の前にさえ立つことも出来ません。

4.様々な共有スペースの特典設備

近年は様々な共有スペースが設備として利用されています。展望ラウンジ、サロン、ゲストルーム、フィットネススタジオ、ワインセラーを整備しているタワーマンションもあります。共有施設のため、一戸建てより豪華な仕様が作れます。

5.管理サービスのきめ細やかさ

共用部分は管理サービスで清掃が行き届いていることが大きなメリットの一つです。いつでも清潔に住環境を整備してくれるので、快適に過ごすことが可能でしょう。

まとめ

ここまで見てきたように、豪邸の一戸建てとタワーマンションのメリットとデメリットは表裏一体の部分もあり、何を重視するかで全く異なった評価が現れることもあります。

そこに住む人の価値観によって、比較して優劣を決めること自体が無意味なことかも知れません。結論は、『住みたい方に住むべき。ただし、事前比較は慎重に…』ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です