募金は福祉に貢献するとても大切な行為です。日本では、昔からお互いに助け合いの精神を持って生活をしてきました。これは、地方を回ると今でも普通に見られる行為です。

例えば、自分のところで収穫された野菜を送りあったり、困っている事があったら融通を利かせたりして地域社会に貢献してきた歴史が今でも沢山残っています。

このお互いの助け合いの精神が、人々が集まり都市化された社会では近隣と人間関係の希薄化に伴って、少なくなってくる事は避けられません。

日本は地震や台風等の自然災害の多い国です。度々起こる災害時には人々の繋がりや人命救助等の問題が取り上げられてスポットを浴びますが、時間と共に少しづつ忘れ去られてしまうことがあります。

そこで、近代の募金活動の状況を紹介したいと思います。

近代募金の始まりと歴史

近代の募金活動は、第一回共同募金が開始された1947年にまで遡れます。これは、日本の敗戦後の深刻を極める社会の経済的な困窮を救うために政府機関である厚生労働省の指導のもとで実施されました。

当時の厚生労働省によると、日本全国で生活保護が必要とされる世帯は90万世帯を超え、人数に至っては316万人とされています。都市に残された戦災孤児も数十万人規模にもなったと言われ、日本国内が食糧難や住宅難、急激なインフレによる非常に困難な生活に苦しみました。

そのような戦後の混乱期を経て、共同募金は社会福祉施設の拡充や生活困窮者に役立てられて来ました。高度経済成長も手助けし、資金に支えたれた募金活動は全国区的に様々な地域社会への支援をして、大震災等の災害時にはボランティア団体や非営利団体の支援にも活動を広げています。

日本では地域社会との繋がりが強かったために募金は必要なかった?

日本は地域社会と深い繋がりを保って生活をして来た歴史があるので、特別に見ず知らずの人への寄付については抵抗があるのかも知れません。

世界的に見たら狭い国土の生活圏の中で、お互い様の精神が文化的に築き上げられました。これは儒教の教えも影響しているでしょうし、過去の歴史の積み重ねの中での

募金と寄付についての言葉の違い

寄付をして貢献した著名人

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です